2008.8.8 Jet Set UK

Fuji Rock Festival interviews with Kasabian & The Futureheads, win original Virgin Atlantic Airways T-shirts signed by Fuji Rock Festival artists, meet a couple of cool cats from the British Council, get ready for the UK-Japan 2008 booth at Summer Sonic & more..1-01-jet-set-uk-200888

KASABIAN Interview

Guy: Kasabianのイアンさん、こんにちは!

Ian: こんにちは!

G: 今年のフジロック体験はいかがですか?

I: 始まったばっかりなんだ!20分前ぐらいに着いて、着替えて、これから始まる感じだからすごく楽しみだよ!

G: 3時間ほどでステージに上がりますけど、気分はいかがですか?

I: 意外とフレッシュな気分だよ。火曜日に東京に着いたから時差ぼけはもう回復したし、東京でウォーミング•アップ•ライブをやって、それもとても良かったからばっちりだね。

G: 東京はどうですか?

I: 素晴らしい所だね。昨日渋谷から代々木公園まで散歩をしたんだけどとても雰囲気がいいね。夜になると東京は遊園地の様になる所が凄く好きだ。ショッピングもいいし、全体的にいい感じだよ。

G: フジロックではビール以外にショッピングはあまり出来ないですけど、(笑)振り返ってみて一番良かったフェスティバルでの瞬間はありますか?

I: 一番良かったフェス?去年Glastonburyのメインステージでライブをした時かな。俺はブリストル出身だからGlastonburyは俺たちに取って地元のフェスティバルだし、俺は‘94年から毎年の様に行ってるんだ。自分自身ミュージシャンとして、Glastonburyの一番小さいステージで弾いて来たから、ピラミッドのステージに上がった時はすごかったよ。

G: 今年のGlastonbury(2008)はラップスターがヘッドラインしましたし、チケットが完売しなかった事などで色々と話題になった事がありましたがどう思われますか?

I: 俺は今年日曜日に行ったんだけど、Leonard Cohenがとても良かったよ。彼がハレルーヤを歌った時はかなり感動したし、観客は完全に彼の物だった感じがした。The Verveも見たね。Glastonburyは本当に素晴らしいフェスティバルで、本当に大きいからメインステージで行われてる事が全てじゃないんだ。全体的にいい雰囲気なんだよ。週末の全てを歩き回っても全部は見れないからね、Stone Circlesもあるし、Green Fieldsもあるし。それと様々なエンターテインメントもあるし:ショー、コメディーショー、劇とかね。だから俺はいいフェスティバルだと思うよ。

G: フジロックも同じ様な雰囲気ですよね。‘フジロックのどこがいいの?’って聞かれますけど、バンドを見に来なくても、山で楽しい週末を過ごす感覚でもいいですよね。

I: そうそう。きれいな空気を味わって。普段はすごく熱いって聞いてたんだけど、今日はちょっと雨が降ってたから温度がちょっと下がったのかな?(笑)

G: Kasabianさん達はフェスティバル向けの素晴らしいパフォーマンスですからフジロックのグリーンステージでライブをするのはとても嬉しい事ですか?

I: 前に日本に来た時はSummer Sonicでライブをやって、今回フジロックは初めてなんだけど、日本の観客は俺たちを本当に受け入れてくれて最高だよ。だから今回もまた日本に招待してもらって、本当に光栄だと思ってる。俺らの音楽はRebel rousing(反逆精神を起こす様な)だからフェスティバルに向いてるから最高だし、すごく楽しんでるよ!

G: Rebel rousing! いいですね!この先ライブアルバムを出す予定はありますか?

I: 何年か前にロンドンのブリックストンでのライブのアルバムを出したよ。それはKasabianのウェッブサイトからダウンロード出来ると思う。けどどうだろう。レコード会社の人達がどうしたいかに依るけど、今の所は新しいアルバムを作ってる所なんだ。来年末に出す予定だよ。

G: 丁度その質問を聞く所だったんですよ!

I: 今夜もちょっと新しい音楽が聞けるよ。それは見てのお楽しみだけど、新しい音楽は来年出るし、シングルも出まわるよ。いい感じに仕上がってるから楽しみだね。1年位時間を取ってその間にちょっとギグを幾つかやっただけで10ヶ月ぐらいツアーもしてないよ。その間新しいアングルを考えるのに集中したんだ。

G: スタジオに入るのは好きですか?楽しいですか?

I: 楽しいよ!研究室にいる感じだよ!(笑)白いコートを着てね!今は自分達のスタジオがあって、そこに様々な楽器があるんだ。ビンテージ物とか最近の物とか。で色んな物を録音してみて何が出てくるかの実験だね。前にも‘ライブとリコーディングどっちが好き?’って聞かれたけど両方とも違うzone(地帯)だけど、両方ともつながっている物だと思う。

G: 今年はUK Japan 2008で、UKから様々な物が日本に来ていますけど、逆に日本からお友達がイギリスに遊びに行ったらどこかおすすめする場所はありますか?

I: ブリストルに気な!(笑)

G: ブリストルでは何がおすすめですか?

I: ブリストルのミュージックシーンはすごくいい感じだよ。前からそうだったけどね。いいクラブもあるし。ショッピングにもいいよ。Durham Downsもあるし。日曜日の午後に行ってまったりしたり、凧揚げしたりしてね。いい町だよ。

G: 昨日ドラマーに付いて面白い記事を読んだんですよ!イアンさんもドラマーですから聞いて下さい。イギリスの大学の教授が最近実験を行った所、‘ロックンロールドラマーはサッカースターより体調がいい!’と発表したんですけど、それについてご感想は?

I: 俺はずっとそれを言ってたんだ!(笑)

G: その教授いわく、プレミアリーグのサッカー選手は年に40から50試合するかもしれないですけど、本物のロックスターは年に100コ以上のライブをこなすので遥かに鍛えられてるそうですよ。

I: 俺たちは3年間でライブを500コ以上やってるよ。その上に色んな国を回るから本当に大変だよ。しかも俺らのバンドの曲もすごく激しいのがあるから、そういう曲を弾いてる時はかなり脈拍数が上がるよ!(笑)だからドラマーになるには健康的で鍛えてなきゃ。

G: ドラマーになりたがってる人に何かアドバイスはありますか?

I: とにかくドラムをたたいて、練習する事だね。それでまたもうちょっと練習することだね。今はドラムキットを方付けてくれる人がいるけど、昔は俺が自分で車から運んで来て、ギグを終わらせて汗だくな状態でまた全部車に積んでたから、それでかなり体力も付くよ!(笑)俺は自転車も乗ってるしね。

G:  私もそうです!それでは今日のライブを楽しんで下さい!Kasabianのイアンさん、今日はありがとうございました!

I: ありがとうございました!

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Leave a Reply